建築物専門のプロカメラマンが撮影に伺います!

建築・竣工写真撮影隊

対応地域:大阪府を中心に近畿地方で活動しています。
※その以外の地域もご対応可能な場合がありますので、まずはご相談ください。

お気軽にお問合せください

06-6136-5467

建築写真撮影のヒント

住宅建築写真を撮るために適したカメラ

住宅建築写真撮影に適したカメラとは

不動産・工務店・リフォーム店様向け
住宅建築写真の撮り方セミナーを開催しますと、
受講者から

*「建築写真を撮るためのいいカメラを教えてください」

*「コンパクトデジタルカメラで建築写真が撮れますか」等の質問が必ずあります。

 

普段物件写真を数多く撮影する不動産・工務店・リフォーム店様からすれば
これは当然の質問ですね。
大半の方が「お風呂が撮れない・トイレが撮れない」とお嘆きのことと思います。
一言でいうと「狭い部屋でも撮影できる広角レンズが必要」ということです。

それではどのようなカメラが住宅建築写真に適しているのでしょうか?
順に見ていきましょう。

 

もくじ

住宅建築写真はカメラとレンズの組み合わせが大切
■広角レンズの必要性
■結局どんなカメラを選ぶべきか

 

◆住宅建築写真はカメラとレンズの組み合わせが大切

主に皆さんが使用する一般的なカメラには
*一眼レフカメラ
*ミラーレス一眼レフカメラ
*コンパクトデジタルカメラ
があります。

それぞれにメリットデメリットがありますが、
まずは一眼レフカメラでの組み合わせを見てみましょう。

 

組み合わせ①
■カメラ本体のセンサーサイズはフルサイズ
■広角レンズ必須
■レンズサイズは最低24㎜(それより数値の少ないレンズをお勧め)

 
組み合わせ②

■カメラ本体のセンサーサイズはAPS-Cサイズ
■広角レンズ必須
■レンズサイズは10㎜程度(レンズの数値は色々あります)

   次にミラーレス一眼レフカメラの組み合わせを紹介します。

組み合わせ③
■ミラーレス一眼レフカメラ本体のセンサーサイズはフルサイズ
■レンズは広角
■レンズサイズは最低24㎜(それより数値の小さいレンズがお勧め)

 

組み合わせ④
■ミラーレス一眼レフカメラ本体のセンサーサイズはAPS-Cサイズ
■レンズは広角                                                                                            
■レンズサイズは10㎜~18㎜ズームレンズ程度(各メーカーあり)

   (レンズの数値は色々あります)

 

最後にコンパクトデジタルカメラをご紹介します。

組み合わせ⑤

■コンパクトデジタルカメラ
レンズサイズは35㎜換算で最低24㎜。
35㎜換算で24㎜より小さな数値のレンズ装着のカメラが良い)
以上が住宅建築写真を撮影するカメラとレンズの組み合わせです。

ご紹介したどのカメラにも「広角レンズ」と記載していますが、
なぜ広角レンズが必要なのでしょうか?

近日中に掲載させて頂きます。

その他メニューのご紹介

見て欲しいページ名

弊社の代表者ごあいさつのページ移動します。

詳細はこちらへ

お問い合わせ

弊社のお問い合わせのページ移動します。

撮影実績

弊社の撮影実績について説明しております。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

06-6136-5467

受付時間:9:00〜17:00
定休日:土・日・祝日(撮影の場合はご相談下さい)