HP用画像画質.jpg
 
 

当社は建築写真専門の会社です!

の度は当社ホームページにお越し頂きありがとうございます。研修風景T@リサイズ.jpg

当社は「住宅建築写真撮影専門」の会社です。
またパナソニックエコソリューション株式会社専属の工務店・
リフォーム会社様対象の「建築写真の撮り方」の講師でもあります。

昨今工務店・リフォーム会社様におかれましては、ホームページの急速な普及により自社の施工写真を撮影する機会が増しているとお聞きしています。

しかし実際の撮影担当者にお聞きすると、あまり写真の知識が無い方が大半だそうです。
もちろんデジカメなのでシャッターを押すと写真が写るのですが、その仕上がりについて真剣に考える方は少ないそうです。

これは無理もありません。撮影担当者は当然プロでも無く、特に写真撮影が好きという訳ではありませんので仕方のないことでしょう。

また撮影について疑問や不満をお持ちの方も少なくありません。浜松研修ショウルーリサイズ.jpg

  1. どうしたら上手にとれるのだろうか?
  2. そもそも建築写真はどの様に撮影するのだろうか?
  3. コツがあったら聞いてみたい!

 

この様なご意見をお持ちの工務店・リフォーム会社様も結構おられるのも事実です。

さて建築写真をプロに発注しない理由としてよくお聞きするのが
@経費削減のため
Aプロに頼むほどではない・・・自社で撮影すればいい
Bプロに頼んだほうがキレイなのは事実だが、閲覧者はそれほど重要視していないと考える(今まで研修にこられた工務店・リフォーム会社様にお聞きした内容をもとに記載しています)だそうです。

まだ@の内容は仕方がないかなと思いますが、AとBの理由は少し危険です。理由はAの場合自社でもキレイに撮影できるなら大丈夫だと思いますが、そうでもない、いや、あえて言いますと「下手」な写真を掲載していると知らず知らずの間に新規客が別会社に流れていく結果になりかねません。

Bも同じと思いますが、例えばおいしそうなスイーツをネットで購入する際、まずはどこで判断しているかご存知でしょうか?
それは第一印象の良い「写真」で判断されるケースが多いのです。同じスイーツならおいしそうに見える写真の方がいいに決まっています。

では建築写真ならどうでしょう?
もし御社が施工事例として”うす暗いリビングの写真”や"便器だけのトイレ写真・狭く写ったお風呂の写真”
などを掲載して
「これが当社の施工事例です!」と明記していた時に、真剣にお店を探しているお客様が見たらどの様な印象を持つか想像がつくでしょうか?

私なら「ここに頼むとあまりよいリフォームをしてもらえないかな?」という不安にかられ、恐らく別のサイトに移動するでしょう。
実は知らない間にお客様は御社を離れて行くのです。もったいない話です。

そうならないためにはプロに頼むか、最低限の撮影スキルを身に付けるか
になると思います。
理想は最低限の撮影スキルを身に着け普段は自社で撮影し、ここぞという時にプロに頼むことがベターではないでしょうか?

当社は工務店やリフォーム店様に建築写真撮影のスキルアップをして頂きたいと約10年前から「建築写真の講師活動」をしてまいりました。お陰様でたくさんの人たちに喜んで頂き、また業務にも活用して頂いております。

建築写真の撮影方法を知って撮影するのと知らずに撮影するのとではやはり雲泥の差です。
一眼レフをお持ちの方(ミラーレス)またコンパクトデジタルカメラしかない方。どちらも大丈夫です。
コツさえ分かれば今までとは仕上がりが劇的に変わります。
何故なら講座内容が実践向けに作られているからです。
残念ながら建築写真のカメラマンを目指す方向きではなく、あくまでも工務店様・リフォーム店様向けに作成しています。ですから難しい専門用語もほとんど使用せずわかりやすい言葉で表現しています。
特に女性コーディネーターに人気のこの講座。役立ちます。

お勧めの研修依頼方法

コンパクトデジタルカメラで撮るリフォーム写真Q&A

近年工務店様・リフォーム会社様のホームページでは自社で施工物件を撮影する機会が増えてきたかと思います。私もそれに合わせたかのように「建築写真の撮り方」の講座で様々な場所に行かせて頂いています。
工務店様・リフォーム会社様は写真撮影する機会はたくさんあるようですが、実際効果的に撮影するとなるとわからないことだらけでお困りの方々がたくさんおられるようです。そこで建築写真撮影のQ&Aコーナーをつくりました。このコーナーは実際に受けた質問事項を掲載して参ります。徐々に増えて行きますので皆様方のご参考になればと思います。(初心者向け)

コンパクトデジタルカメラで撮るリフォーム撮影Q&A

新着情報!

新着情報!

■アメリカ発の住宅デザインコミニュティサイト「Houzz」の日本版が今年4月にオープン。
 住宅の設計やインテリアデザインなどそれらに関わる専門家(プロ)を紹介するサイトに当社も”写真家”
 として登録依頼があり、掲載させて頂きました!
 ⇒当社サイト

仙台でパナソニックエコソリューションズ創研主催「プロが教えるやさしい建築写真の撮り方」講座に行ってきました!
エネルギーと快適な暮らしのアドバイザー「クネサン」に写真講習会に行ってきました!
(クネサン社長様のブログですのでリンクして画面が変わったら下にスクロールしてご覧下さい)

ホームページ用写真撮影をしました!
弁護士事務所 「アクア法律事務所」

ゆっくりアクアリウムを見ながらお酒を楽しめる Cafe&Bar 「蔵zou」

釣具のフォブレス企業 「ジェネシス」

リフォーム写真で構成するスライドショー

当社のサービス

 

建築写真撮影
 
web動画制作
 
写真講座
トップページリビング素材.jpg   ビデオ撮影.jpg   講座@.jpg

HPやチラシに不可欠な デジタルカメラによる(一眼レフカメラ)建築写真撮影サービスをご提供しています。

 

web動画/企業PR/TV番組の企画・制作をしています。

 

工務店様・リフォーム会社様向けのコンパクトデジタルカメラによる建築写真の講座やブログに活躍するテーブルフォトの講座を実施しています。

フォトレッスン!

ブログ写真。もっとキレイに撮影したい! でもカメラのこと詳しくないし・・・。
滋賀県で「フォトレッスン」開催しています!(大阪でも計画中!)
ぜひ一度のぞいて下さい。友達に自慢できる写真が撮れますよ!
フォトレッスンで腕を磨いて、一味ちがうブロガーになろう!

シクラメン縦A.jpg 加工440.jpg ひよこ@.jpg
FD135_L.jpg FB103_L.jpg GT008_L.jpg

楽しいレッスン風景はこちら!
ご参加された方の感想はこちら!

デジタル・アート・ワークスってどんな会社?

当社は小さな会社ですが、今までに約80社様、280現場のリフォーム作品を写真に収めてさせて頂き、雑誌やパンフレット、チラシ、ホームページ等様々な媒体に活用して頂いています。NO2.JPG
本当にありがたい気持ちと、私が撮影した写真が各地で活躍していると思うと、仕事をさせて頂いて良かったなと心から思います

新しい家は本当に気持ちがいいですね。
撮影で新築やリフォームしたての家に入ると少し神聖な気持ちになります。
見た瞬間の新しさや開放感、そして匂いなど、少しオーバーに表現しますと「五感で感じる」とでも言うのでしょうか?
そこにはこれから生活されるお施主様の、希望に満ち溢れた未来のエネルギーが、私の気持ちをワクワクさせてくれます。

私はできるだけ楽しんで撮影することに心掛けています。
楽しい気持ちで撮影した写真はきっと楽しい写真になると考えるからです。
そしてその気持ちは必ずこれから新築・リフォームを考えている新しいお客様に伝わると信じているからです。
人物や風景写真で時々人の心を動かす写真がありますが、当社の建築・リフォーム写真でも心を動かす写真になればと願っています。
そしてそれが皆様のビジネスにつながれば尚うれしく思います。

竣工・建築・リフォーム写真の重要性

 写真に対する疑問


 Q.
  1. なぜ、竣工・建築・リフォーム写真が必要なのか?
  2. 自社で撮影する程度ではいけないのか?
  3. お客様はプロの写真とクオリティの低い写真で減ったり・増えたりするものなのか?  

 A.

1.なぜ、竣工・建築・リフォーム写真が必要なのか?
  新築・リフォームは高額です。
  お客様は御社の事例を見て信頼感と安心感を得ようとしています。
  できるだけ沢山の事例をお客様にご覧頂きましょう。
  ですから建築・リフォーム会社にとって、自社の事例は必要不可欠なのです。 

2.自社で撮影する程度ではいけないのか?
  お客様の目は大変鋭くなっています。
  雑誌・カタログ・インターネットなど様々な媒体をご覧になられる機会も多く
  目に飛び込んでくる写真は当然プロの写真が大半です。
  年間に施工する物件の中で自信作を1〜2作品プロに撮影を依頼し、
  その他は御社で撮影してホームページに掲載すればメリハリができ、
  御社の魅力が更にアップすると思います。

3.お客様はプロの写真とクオリティの低い写真で減ったり・増えたりするものなのか?
  プロの写真と素人の写真とではクオリティが全く違います。
  プロの写真に見慣れているお客様は、
  素人の写真を提案されると「この会社大丈夫だろうか?」という不安感を抱きます。
  お客様が増える要素は写真だけではありませんが、
  クオリティの低い写真を見れば減る可能性は充分にあります。気をつけましょう。
  実際バスルームやトイレルームの撮影は難しいですよね・・・。

 

           

当社の特徴

当社の『撮影技術』は、下記3点の特徴を持っております。

 

特徴 1 約20年の豊富な経験と実績

当社は、創業から約20年間、大手企業にて工務店・リフォーム会社様の動画取材や竣工・建築写真を手がけてまいりました。その豊富な経験実績により、「キレイに撮る」だけではなく、一般的には少ない、動画の知識を写真撮影技術に盛り込んだ結果、部屋と部屋とのつながりや、さまざまな角度からの撮影を重視し、他社とは少し違った写真を提案することを可能にしました。

特徴 2 大手企業に認められ写真講師活動

弊社は、長年の実績を認められ、今ではパナソニックエコソリューション様での講師活動を実施しております。一般の工務店様やリフォーム会社様をメインに「竣工・建築写真のやさしい撮り方」の講義を年数回ご担当させていただいております。

特徴 3 時間をかけて、ていねいにご説明します

ひとりひとりのお客さまに対して、たっぷりと時間をとり、ていねいにわかりやすご説明させていただきます。お客さまが納得できないまま、お話を進めることはありませんのでご安心ください。

当社の特徴について詳しくはこちらへ

お問合せ・ご相談はこちら

IT女性インカムA.jpg実際の撮影や費用について、わからない点やご相談などございましたら、お電話もしくはお問合せ
フォームからお気軽にご連絡ください。

 

  • 一度実際に会って話しをしたいが?
  • 定期的に頼みたいが費用面で融通がきくの?
  • 滋賀県とあるが、他府県でも大丈夫?

このようなお悩み相談でも結構です。

あなたさまからのお問合せをお待ちしております。

▼▼お電話でのお問合せ・ご相談はこちら▼▼
TEL : 077-596-2356
受付時間 : 9:00〜17:00(土日祝祭日は除く)
担当 : 河村(かわむら)

お問合せフォームはこちらへ

 

お役立ち情報

japanese_image.jpg撮影業者選びにまつわるお役立ち情報です。

ご参考にしていただければ幸いです。

→ 竣工・建築・リフォーム撮影業者選びの失敗しないポイント

 

 

 

▲このページのトップに戻る